映画館のような迫力ある映像を手軽に楽しむために。ASUSの小型プロジェクター「S1」はいかが?


コンパクトなボディで仕事にもプライベートにも使えるプロジェクター「S1」をご紹介。(なお、こちらはASUSさんよりお借りしているレビュー機となります)



S1について


 S1はASUSより発売されている手のひらサイズの小型プロジェクター。最近はこれを更に小型化した「ZenBeam E1」が発売されています。
 内部にバッテリーを搭載しているので電源のない場所でも投影することができ、またモバイルバッテリーとして使用することが出来るのが大きな特徴。本機との接続はHDMIのみとなっています。

主なスペック
  • LED光源・854×480(WVGA)解像度
  • 輝度:200ルーメン
  • 投影距離:0.73〜2.43m(30〜100インチ)
  • 2Wスピーカー×1
  • MHL対応HDMI・3.5mステレオミニジャック
  • 三脚穴あり
  • サイズ:110.5×102×30.7mm 342g
  • バッテリー:6000mAh(最大3時間投影可能)




外観


  製品箱。日本語の表記は一切なく、英語ばっかり。




 付属品(説明書類・microUSB-USBケーブル・電源ケーブル・HDMIケーブル・S1本体・キャリングケース)。
 MHLケーブルも付属しているはずなんですが、レビュー機にはついていませんでした。




 表面にはASUS製品ではおなじみの同心円加工が施されています。



左側面のFOCUSの部分を回すと、焦点合わせ

投影部分。下にあるスライダーを動かすとレンズをカバーすることが出来ます

右側面に放熱用の穴

後ろに各種端子と電源ボタン、スピーカー


 手元のZenfone 3とサイズを比較。こうしてみるといかにS1がコンパクトかが分かってもらえると思います。




さっそく設置、投影してみる


 物は試し、ということで早速MacBookと接続して自室にて投影してみます。既に充電済みで繋ぐのはHDMIケーブルだけと見た目もスッキリ。高さを調節して、、いざ投影!



 おぉーーー!凄い!

 だいたい2mくらい離して投影していますが、夜の暗い部屋なら十分な光量。だいたい80インチくらいでしょうか。いつもの見慣れたMacの画面なのにかなりの迫力。




 場所を少し変えてクローゼットのほうに投影。試しにAmazonプライムビデオの「グランドツアー」を流してみました。この大画面をベッドでゴロゴロしながら見るのは、もう最高。焦点さえ合わせれば解像度が低いとはあまり感じません。

 ただこれで映画を見ようと思ったら内臓のスピーカーでは、若干の物足りなさを感じます。




 こんな使い方しないと思いますが、外部ディスプレイの変わりとして細かい作業を伴う使い方はやはり厳しめ。あくまでプレゼンや写真、動画の投影が基本です。



スマホで使うときはChromecastとの併用がオススメ


 スマートフォンの画面やコンテンツを再生したいときは、付属のMHLケーブルで接続するのも良いんですが、個人的にはChromecastと一緒に使用するのがオススメ。
 S1には外部端末を充電できるUSBポートがあるので、これをChromecastの電源供給に使用すればスマホとワイヤレスで接続が可能になります。



AbemaTVをキャスト

 Chromecastとの接続にはWi-Fiが必要にはなりますが、パソコン要らずで一番手軽な使い方ではないでしょうか。AbemaTVだと24時間何でも見れてしまうので思わず睡眠不足になってしまうかも。




結論:めっちゃ良い。こういうのが1台あったら面白い!


 ZenTourの会場で見て何となく気になったので、気軽に借りたつもりなんですが思わず欲しくなってしまいました。返却したくないな...(ダメ)

 日々の生活に絶対に必要!っていうほどのものでもありません。ただ、いつもの部屋の電気を消してこれの電源をつけた途端そこはもう別世界。普段見ている小さい画面とはまるで迫力が違います。

明るさが少ないとかボリュームが小さいとか「シャー」という動作音が気になる、というのは仕方ないのですが、そこは本体の手軽さとトレードオフ。

 大画面で見るだけならテレビでも良いやん、と思うかもしれませんが部屋の広さ的に大きさが限られてしまったり、手軽に配置を変えられるというものでもありません。その分このS1なら本体がコンパクトなのでどこでも設置できますし壁さえあればいいので部屋の広さは問題ありません。こういうのが1台あったらいろいろと楽しいと思います。


 知らず知らずのうちにうっかりポチってしまいそう。

0 Response

コメントを投稿