アウトドアライクな見た目で情報量も多いAndroid Wear用ウォッチフェイス「Octane Watch face」



 今回はAndroid Wear向けのウォッチフェイス「Octane Watch Face」をご紹介。今後もAndroid Wear向けの便利アプリやおしゃれなウォッチフェイスがあれば、随時紹介していきます!

 「Octane Watch Face」を開発したthemaは他にも多彩なウォッチフェイスをリリースしています。



デザイン


 時計はアナログとデジタルの両方が表示される仕様。半分より上は3つのウィジェットがあり、半分より下は電池残量や天気予報が表示されます。有料でプレミアム版にアップグレードすることでウィジェットの部分やショートカット、盤面の背景色などを編集することが可能になります。
 盤面の四隅にはショートカットが割り当てられており、左上の「DESKCLOCK」からはアラーム、右上はストップウォッチ、左下は照明、右下はタイマーがそれぞれ設定できるようになっています。

 時計とペアリングしているスマートフォンの電池残量が一目で分かるのが良いですね!




 基本的に編集はスマホ側のアプリで行います。無料版だからといってほとんど編集できないことはなく針の色や半分より下の背景色の変更、天気予報の設定など必要最低限のものは設定可能で、もう少しこだわりたければ有料版という感じ。


時計側で設定できるのは針の色のようなアクセント色の変更だけ



 こちらが有料版へシフトするための課金前の画面。1ユーロから10ユーロまで4つの選択肢が用意されているのですが、金額によって何が変わるのかは分かりません。恐らくクロワッサンが買える1ユーロでもアンロックされるはずですが...
このアプリがよっぽど気に入ったかお金に余裕があって、ボトルワインが買える10ユーロを寄付すれば開発者の方はきっと喜ぶことでしょう。


 このアプリ、今後リリースされるAndroid Wear 2.0にも既に対応済み。ずっと同じデザインのウォッチフェイス使ってきてちょっと飽きてきたなぁ〜という方はインストールしてみてはいかがでしょうか?

Google Play で手に入れよう

コメントを投稿