より薄く、よりパワフルに。 林檎の灯りが消えた新しい「MacBook Pro 13/15インチ」


 日本時間10月28日午前2時より行われているAppleのスペシャルイベントにて全く新しいMacBook Proが発表されました!



The New Macbook Pro


 新しいMacBook Proは従来のものよりも薄型になり、キーボード上にTouch Barと呼ばれる新しい操作領域を付け加えたのが大きな特徴。天板のデザインは12インチMacBookのようになり、林檎マークが光らないものになってしまいました。林檎が光らないMacなんて...
 MacBook Proのロゴも底面からディスプレイ下に移動。



 やはり一番の特徴はこのTouch Barですね。今までのようなescキーやファンクションキー、電源キーが取っ払われタッチディスプレイのキーになりました。右端にはTouch ID用のセンサーもあり、ApplePay支払いやロック解除は指紋認証により行えるようになります。



 例えば写真アプリではここにスライドショーが表示され、なぞることで写真送り・戻しが出来たり、iTunesでは曲操作、iMessageでは絵文字や予測変換が表示されたりと、タッチ式ならではの便利な使い方がいろいろ。ただ、escキーや電源キーが物理キーでなくなったので万が一フリーズしてしまったらどうすれば良いんでしょうか....?



 13インチ版では3.1mm薄く重さは1.37kg、15インチ版では2.5mm薄くなり重さは1.83kgとなっています。軽くなって持ち運びしやすくなった点が一番魅力的。

 トラックパッドはForce Touch対応で面積が2倍に。これは良さそう。



 CPUには第6世代のCore i5・i7プロセッサーを搭載。GPUは15インチがRadeon Pro450・455(アップグレードで460に変更可能)、13インチはIntel Iris Graphics。
 新設計でスピーカーも2倍音が大きくなったとか。バッテリー持続時間は10時間。



 圧倒的成長💪で、現行のMacBook Proを置き去りに。



 ディスプレイはより明るく、より鮮やかに。



 キーボードは本体薄型化のため、12インチMacBook同様のバタフライ式になりました。キーストロークが浅すぎて自分はどうしても好きになれないんですが、Proではどうなんでしょうか。



 ついに端子がすべてThunderbolt 3に置き換わってしまいました。充電にもUSBにもHDMIにも拡張できるよ!って発表会中に言っていましたが、いちいち変換かまさないといけないのは見た目にもダサいし使い勝手が悪そう。これには賛否両論ありそうですね。

 現行のProユーザーとしてはせめてマグネット充電端子は残しておいてほしかった。。。



 Air13インチよりも薄い新MacBook Pro。気になるお値段は日本円にして

  • Touch Bar無し13インチ・・・144,800円(税別)から
  • Touch Bar有り13インチ・・・178,800円(税別)から
  • 15インチ・・・238,800円(税別)から
 となっております。カラーバリエーションはシルバーとスペースグレーの2色。予約は本日より開始で、Touch Bar無し13インチが本日発売、その他モデルは2-3週間かかるようです。
 今回でお別れとなってしまうのは、光学ドライブ付きのMacBook Proと11インチMacBook Air。13インチのAirは安くなって継続販売されます。






0 Response

コメントを投稿