iPhone 7・7 Plusが登場した今、iPhone SEという第3の選択肢




今月8日(日本時間)、Appleより新しい「iPhone 7・7Plus」が発表されました。16日には早速国内で発売され、新色であるジェットブラックは予約だけで瞬殺、ノーマルなブラックも品薄状態となるなど、順調な人気っぷりを見せています。確かに新しいスマートフォンは魅力的ですし、なんたって防水やFelicaをついに搭載したんですから日本で注目されるのは当たり前。今、旬なスマートフォンは完全にiPhone 7でしょう。

そんな中、今回紹介するのは人気絶頂のiPhone 7ではなく今年3月という謎のタイミングで登場したiPhone SE。iPhone 7の登場で完全に話題を持っていかれたこの機種にスポットライトを当ててみたいと思います。



デザイン



 まずはデザイン。言わずもがなですが、iPhone 5・5sとほとんど同じ。ということでiPhone 5sとSE並べてみました。パッと見ではわからないですよね?細かいところでいうとエッジフレームの角の面取りが光沢か非光沢かというくらい。

 iPhone SEのデザインは安っぽいし古臭い・先進性がないという意見もありますが、自分から言わせてみればiPhone 6の妙なアンテナラインの方がよっぽど醜いと思います。
 ただ表面のベゼルが従来通り太いこと、ディスプレイの発色や解像度がイマイチというところは古臭さを否めません。






 新色で追加されたローズゴールドは落ち着いた色合いでとても綺麗。5Sを使っているとは思われない唯一の色であるし、女性だけでなく男性が使っていても全然不自然ではない色なのでiPhone SEの購入を考えている人には是非この色をオススメしたい!



ひっそりと価格改定された


 先日行われたiPhone 7・7 Plusの発表会ではそれらの新機能やデザイン、容量や価格に釘付けになっていた人も多いでしょうが、実はひっそりとiPhone SEの価格改定が発表されていたのです。

 価格は16GBで44,800円(税抜)、64GBにおいてはなんと49,800円(税抜)。発売当初が16GBで52,800円(税抜)、64GBが64,800円(税抜)だったことを考えるとかなりお値打価格となりました。1世代前とは言え性能も良く、コストパフォーマンスに優れた1台であると言えます。



これぞコンパクトサイズ!


 iPhone SE最大の特徴はそのコンパクトなサイズ。少し前ではAndroidスマートフォンもコンパクトなモデルがキャリア各社から出ていましたが、最近ではなぜかだんだん巨大化し5インチでも「コンパクト」と呼ぶようになってしまっています。
 画面サイズが4インチと小さいことから手が小さい人でも画面全体をまんべんなくタッチできるほか、本体も小さくがっちり握ることが出来るので、滑って落下させてしまう心配も殆どありません。



iPhone 6s譲りの性能

 iPhone SEはiPhone 6sと一部機能を除いてほぼ同じような性能を有しています。3DTouch機能が搭載されていないことや指紋認証センサーが1世代前のものであること等が挙げられますが、実用面で不満に感じることは無くほとんど支障はありません。

 フロントカメラも性能が同じ12MPのもので6Sと同等の撮影能力・画質を有します。ただインカメラはアップグレードされず1.2MPのまま。セルフィーにこだわる人には少し物足りなさを感じるかもしれません。

以下はiPhone 6Sのスペック表。

ディスプレイ 4.7インチ Retina HD(1,334×750)
3D Touch
容量 32GB・128GB
CPU A9チップ 64bit
カメラ メイン:12MP(f2.2・TrueToneフラッシュ)
サブ:5MP(f2.2・Retina Flash)
4Kビデオ
Live Photos
バッテリー 連続通話時間:3Gで最大14時間
インターネット利用:3G・4GLTEで最大10時間
サイズ 138.3×67.1×7.1mm 143g
カラー ローズゴールド・ゴールド・シルバー・スペースグレイ
ネットワーク LTE(Band1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、27、28、29)
TD-LTE(Band38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)



続いてこちらがiPhone SEのスペック表。「ー」表示のところは6Sと同じ。


ディスプレイ 4インチ Retina(1,136×640)
容量 16GB・64GB
CPU
カメラ メイン:12MP(f2.2・TrueToneフラッシュ)
サブ:1.2MP(f2.4・Retina Flash)
4Kビデオ
Live Photos
バッテリー 連続通話時間:3Gで最大14時間
インターネット利用:3Gで最大12時間、4G LTEで最大13時間
サイズ 123.8×58.6×7.6mm 113g
カラー
ネットワーク LTE(Band1、2、3、4、5、7、8、12、17、18、19、20、25、26、28)
TD-LTE(Band38、39、40、41)
TD‑SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)




今年の春に発表されて以降しばらくは、直営のアップルストアで入手が困難な状況となっていましたが最近は解消されているようです。スペックにはこだわらないし新機能も特にいらないという方や、本体料金は安いほうが良いという方にはうってつけの1台ですし、普通に機種変をしたいという方にとっても十分選択肢になりうる機種であると感じました。



コメントを投稿