Xperia Z5 Compactの一部にタッチパネルの不具合  S810の発熱で悪化も 


SONYが満を持して発表したXperia Z5シリーズ。そのうちのXperia Z5 Compactに深刻なタッチパネルの問題が発生しているようです。



 問題となっているのは既に発売されているXperia Z5 Compactの一部。画面下の部分のタッチ感度が異常に悪い、という不具合が確認されており、1件だけでなく複数、声が上がっているようです。もしこれが本当であれば文字入力やナビゲーションバー操作に支障をきたすため実に使いにくいスマートフォンとなってしまいます。

 
ホームボタンを長押しすると出てくるGoogle検索キー
不具合端末では感度が悪いため出てきては引っ込みがずっと繰り返される。

またその中にはSnapdragon 810による発熱によって元々悪いタッチ感度がさらに悪化し、再起動をかけても治らなかったという例も。Z5シリーズではヒートパイプによって発熱対策を行っており今度こそは大丈夫だろうと思っていましたが完全には対処しきれていないようです。


 ソフト面の問題であればアップデートによって直すことも可能ですが、ハード面の不具合ということになればSONYにとってかなり深刻なものになってしまいます。
 国内でもdocomoより発売が予定されているXperia Z5 Compact。早急に解決してもらいたいところです。


SOURCE:SONY サポートフォーラム PhoneArena


 

コメントを投稿