Microsoft、Lumiaシリーズの新フラグシップ「Lumia 950」「Lumia 950 XL」を正式発表!


 Microsoftは日本時間10月6日23時より行われている発表会において、フラグシップLumia2機種を正式に発表しました!




Lumia 950


 900番台の最新のLumiaといえばLumia930が思い浮かび、その次は940か、なんて思っていましたがキリの良い950という名前になりました。
 カメラには今までどおりカール・ツァイスレンズを採用。背面のカメラ部分は丸い金属部品で囲まれており、LEDフラッシュはくらいところでも自然な色を表現するために3色に。Microsoftの名前も消え、ロゴだけになっています(個人的にはLumiaロゴを復活させて欲しかった)。

 5.2インチWQHD解像度のAMOLEDディスプレイを搭載し、CPUには発熱問題を抱えるSnapdragon 810 8コアプロセッサーではなく、Nexus5Xにも搭載されている 6コアのSnapdragon 808を搭載します。充電口にはUSB-Type Cコネクタ。4Kビデオ撮影対応の20MPカメラと5MPのインカメラ。32GB ROM・3GB ROM(Micro SDは200GBまでサポート)。3000mAhバッテリーはQi対応。

ネットワークは

  • GSM:850/900/1800/1900
  • W-CDMA:2100/1900/1700/850/900
  • FDD LTE:Band1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28
  • TD LTE:Band38/40



 同時にMicrosoft Display Dockを発表。USB Type CでWindowsPhoneと接続しHDMI・DisplayPort・3つのUSBポートにアクセスできます。これによってスマートフォンをモニターやキーボード・マウスに接続できWindowsPCのように扱うことが出来ます。

 Microsoftの生体認証システムWindows helloについてはベータ版として導入しているものの具体的に顔認証なのか虹彩認証なのかははっきりとはしていません。

 Lumiaということでカラフルなカラーバリエーションを期待したのですが、ブラックとホワイトの2色。549ドルで発売。




Lumia 950 XL


 こちらは5.7インチWQHDディスプレイを搭載するハイスペックファブレット。基本的なデザインは950に似ていますが、カメラ周りが少し830に似ており、よりスタイリッシュに仕上がっています。ディスプレイにはコーニング社のゴリラガラス4を採用(950はゴリラガラス3)。

 こちらは8コアのSnapdragon 810を搭載。USB-Type C。32GB ROMと3GB RAM。バッテリーは950より少し多い3340mAhでQi対応。

ネットワークは

  • GSM:850/900/1800/1900
  • W-CDMA:2100/1900/1700/850/900
  • FDD LTE:Band1/2/3/4/5/7/8/12/20/28
  • TD LTE:Band38/40



 こちらもブラックとホワイトの2色。649ドルで発売予定。


SOURCE: Microsoft Lumia

コメントを投稿