Motorola、第3世代Moto Xシリーズに「Play」と「Style」の2モデルを用意


7月28日に行われたモトローラの新製品発表会において2つのフラグシップスマートフォンである「Moto X Play」と「Moto X Style」を発表しました!


 Moto X Style


 このMoto X StyleはSnapdragon808ヘキサコアプロセッサー・3GBRAM・Android5.1.1・16/32/64GBROM・21MPメインカメラ・フラッシュ付き5MPフロントカメラ・5.7インチQHDディスプレイを搭載するフラグシップモデル。画面占有率が76%と広く、5.7インチながらも上下のサイズはiPhone6Plusよりもコンパクトに仕上がっているそう。

 これまで通り背面はMoto Makerにより木材など様々な素材が選択可能。また発表会ではゴールドモデルらしきスライドがありましたのでゴールドも選択可能になるかと思います。
 欧州・中南米・北米では9月より販売開始。



 アメリカではSIMフリー版でMoto X PureEditionという名前で秋に399ドルより発売され、アメリカの主要キャリアに対応しているそうです。



 Moto X Play   


 Moto X PlayはSnapdragon615オクタコアプロセッサー・2GBRAM・Android5.1.1・16/32GBROM・21MPメインカメラ・5MPフロントカメラ・5.5インチFHDディスプレイを搭載する中上位モデル。Styleよりも多い3630mAhバッテリーを搭載し2日持ちをアピールしています。

 ヨーロッパ・中南米・カナダ等で8月より販売開始。


 今回噂されていたMoto 360の後継機は発表されませんでした。




 

0 Response

コメントを投稿