【リーク追加】Force Touchテクノロジーを搭載したiPhone 6s・6s Plusが生産開始か


ビジネス情報サイト「Bloomberg」が伝えるところによると、AppleはForceTouchテクノロジーを搭載したiPhone 6S・6S Plusの生産を開始したと伝えています。


 本格的な量産は7月には始まるそうなので、例年通り9月発表が濃厚となっていきましたね。軽くForceTouchテクノロジーをおさらいしておくと、この技術は現在Apple WATCH・MacBook・MacBook Pro retinaのトラックパッドに搭載されており、画面を押す強さで反応が変わるといったもの。


 新しいiPhone 6S・6S PlusはiPhone 6・6 Plusと形はかなり似ているらしくディスプレイサイズも4.7・5.5インチになるそうです。それのおかげで量産は容易にできるそうなんですが、ForceTouch搭載のディスプレイの供給が影響を与える可能性があります。全体的に見てデザインの変更は無いのかもしれません(9to5Macの記事ではiPhone6のカメラの出っ張りを6Sで直すために6Sの厚さはやや増えると言っています)。


 他にもメインカメラが現行の8MPから12MPにアップグレードされるといった情報や、インカメラの高品質化などが期待できそうです。
 新しいiPhoneが果たしてどのような性能を引っさげて登場するのか、続報に期待しましょう!


※ 更新


 iPhone 6Sのものとされる筐体の写真が9to5Macよりリークされました。写真を見る限り大きなデザインの変更は無さそうです。5から5Sの時と同じ感じでしょうか。


 一時期噂されていた、ツインカメラは搭載されていないように見えます。また、他の端子類、ボタンの位置も変更されていません。


SOURCE:Bloomberg9to5Mac
 

0 Response

コメントを投稿