12インチMacBookのパフォーマンスはMacBookAir2011モデルと同等?


 先日発表された12インチMacBookのベンチマーク(Geekbenchでの計測)スコアが公開されています。


 


 新しいMacBookは8GBRAM、Intel Core Mプロセッサーを搭載し、シングルコアが1924、マルチコアが4038というスコアになっています。今回このスコアが4年前のMacBookAirのベンチマークスコアとほぼ同じかそれ以下だったことで話題になっているのです。

 ちなみに2011年モデルのMacBookAir(Intel Core i7 4GBRAM)はシングルコアが2023、マルチコアが4222と言ったスコアでした。



 もちろんメモリやチップは最新のものを積んでいるわけですし、ベンチマークもあくまで参考程度なので、一概にMacBookの性能が悪いとは言えませんが、この性能で15万払う価値があるとは自分自身は思いません。

 まだまだ社会に浸透していないUSB Type-Cコネクタを採用し、がんばってRetinaディスプレイにしたもののバッテリー駆動時間が微妙。MacBookAirという完成品がある今、はたしてこの製品に需要はあるのでしょうか???


SOURCE:9to5Mac

0 Response

コメントを投稿