ソニーは2015年に12インチ超の大型タブレットを発売?


台湾系IT情報サイトDIgitimesによると、ソニーは2015年前半に12インチを超える大型タブレットを発表すると伝えています。



 情報はサプライチェーンから入手したそうで、まもなく量産に入るとのことです。ソニーはPCブランドであった「VAIO」を切り離し、パソコン事業からは撤退をしていますが、タブレット市場ではまだ戦えると判断しているのでしょうか?
 伝えられた情報は以下より

  • ハイエンドモデル扱いになり価格は1000ドル超え(日本円で約十数万円)
  • クアルコム社のSnapdragonチップ搭載
  • 800万画素カメラ 薄さ8.6mm
  • 4K解像度ディスプレイ

 いよいよ4Kディスプレイの時代ですかねぇ。画面は綺麗に越したことはないんですが、それでバッテリー消費が激しくならないか心配です。


 2015年にはマイクロソフト社のSurface pro 3の後継機、Appleの12インチタブレット「iPad Pro」、サムスンから大型のGALAXYタブレットなどが登場すると噂されており、大型タブレットが流行する年になるかもしれません。
 いよいよ来年にはノートパソコンの需要も限界を迎えるのではないでしょうか。。。

0 Response

コメントを投稿