OS X 10.10 YosemiteをMacbookAirに入れてみた! アプリの対応状況など


 今日の未明に行われたApple新製品発表会において、Mac製品とともにOS X Yosemiteが正式リリースされました。日本ではすでにAppStoreにて無料でアップデートすることができます。

 今回はアップデートにより変更された部分、及びアプリの対応状況を書いていこうと思います。今回、OS X 10.10を入れたのはメイン機で使用しているMacBook Air Late2012です。


Apple発表会記事はここをクリック



 ではまずデザインから

 この前はOS X Marvericksを入れていたのですが今回アップデートされ全体がフラットデザインになりました。多分iOS8を意識したのでしょう。上の図でもわかるようにSafari・Finder・iTunesなどもともと入っているApple純正のアプリはフラットデザインのアイコンになりました。スッキリとした印象を受けます。


 これはSafariのタブ画面です。Yosemiteにアップデートすることでブラウズ時間が増えるとされています。Safariもデザインが一新され、よりiOSに近づきました。



 またサイドから出てくる通知の欄も一新されカレンダー・株価・天気が一目でわかるようになりました。


 これはTimeMachineに入った画面です。さっぱりとした見た目になっていますが内容的には何も変わりません。


 新たにGame Centerが追加され、計算機も独立しました。





OS X Yosemite対応・非対応アプリについて
 新しいOSが出たということは同時に、アプリ・周辺機器の互換性が無くなる可能性がでてくるということです。有名どころのアプリ・周辺機器などはアップデートですぐに対応しますが、なかなか対応してくれないものもあるようです。
 今回は自分のパソコンに入っているアプリについて開けるもの・開けないものを上げていくので、参考になれば嬉しいです(^^)


対応しているもの(開けるもの)
  • LINE
  • Twitter
  • Chrome
  • Microsoft Office 2011 Onenote
  • Evernote
  • WindowsPhoneアプリ
  • Android File Transfer
  • Content Transfer(walkman用)
  • ウイルスバスター (更新)バージョン5.0がリリースされ正式に対応しました。

対応していないもの(開けないもの)
  • Sony Bridge for mac
  • Eclipse(Androidアプリ開発)→ 以前のバージョンのJavaを落とせばなんとかなるかも


 やはりまだ出たてということで不自由する部分はありますが、safariでのスクロールのカクツキが解消されたなど個人的には良いアップデートでした。自分はメイン機にインストールしましたが、他の人はそうは行かないと思うので、ある程度対応アプリが増えてからアップデートするのがいいと思います。アップデートの際はバックアップを忘れずに!


0 Response

コメントを投稿