新しい「Kindle Fire HDX 8.9」は前モデルと何が変わったのか

10月29日、Amazonは新しい「Kindle Fire HDX 8.9」を発表しました。
前モデル(第3世代)のマイナーチェンジモデルになりますが、何がどう変わったのか書いていきます。

 ニューモデルの発売予定日は11月4日でAmazon.jpでは予約を受け付けています。16GBモデルが40,980円、32GBモデルが47,180円、64GBモデルが53,280円となっています。


スペック等


  •  CPUは前モデルより15%高速になりマルチタスク・ゲームもスムーズになりました
  •  スピーカーがDolby Atmosに対応し、ヘッドホンでの視聴時に5.1chの音場を作り出すことができ、コンテンツの種類によって音響を自動調節
  •  802.11ac規格に対応したWi-Fiは最大600Mbpに達し、前機に比べ4倍のスピード
  •  重さは変わらず

 カメラやディスプレイの変化はありません。



 今回新たに「Mayday」ボタンが追加 
 ニューモデルには「Mayday」と呼ばれるボタンがあります。これをタップすればサポートにつながり、使用するにあたり不明な点、使い方などをスタッフが教えてくれるというものです。こちらからスタッフの顔が見えても、向こう側からこちらの顔が見えることはないので気軽に利用できるようになっています。
 24時間365日対応で無料となっています。



Amazon

0 Response

コメントを投稿