HTCが新機種「Desire EYE」とウェアラブルカメラ「HTC RE」を発表!

 

HTCは日本時間午前5時より開始された新製品発表会で自分撮り特化型スマートフォンDesire EYEとGoProのようなウェアラブルカメラ「HTC RE」を発表しました。


 Desire EYEは正面に自分撮りが捗る1300万画素のカメラを搭載し、またかつてのHTCにはあまりなかったポップなボディカラーが特徴です。スペックは以下より

  • OS:Android4.4 Sense UI
  • ディスプレイ:約5.2インチ FHD(1920×1080) 
  • カメラ:メインカメラ 1300万画素 サブカメラ 1300万画素 両方にLEDフラッシュ
  • 電池:2400mAh
  • RAM:2GB
  • ROM:16GB
  • CPU:Snapdragon 801 2.3GHz クアッドコア
  • その他:MicroSD XCサポート BoomSoundスピーカー

  • GSM:850,900,1800,1900MHz
  • UMTS:850,900,2100MHz
  • FDD LTE:Band 20,Band 8,Band3,Band 7
 自分撮り特化型のスマートフォンといえばXPERIA C3、GALAXY Grand prime、Lumia730などがありますが、その中でもDesireはハイスペックな方でしょうか。レッドカラーは日本向けのようなカラーリングですね(日本発売は未定ですが...)

 


HTC RE
Mashableより

 こちらの製品はGoproのようなアクションカメラです。潜水艦のスコープのような形をしているため持ちやすく服のポケットにもすっと入ります。また防水対応で使用する場所も広がります。
  • 1600万画素CMOSセンサー 146度広角レンズ
  • 65.5g
  • アプリもリリースされる予定でスマートフォンとの連携も可能
価格はアメリカで199ドル(日本円で約21500円)です。

0 Response

コメントを投稿