一部のiPhone5で急にバッテリー寿命が短くなる問題が発生 Appleが無償修理へ



発売からもうすぐ2年が経つiPhone5ですが、一部の個体に急にバッテリー寿命が短くなり頻繁に充電しないといけなくなる問題が出たようです。これを受けAppleはそれらを回収、すでに販売されているものについては無償修理を行うと発表しました。


対象となるiPhoneは2012年9月から2013年1月までに販売されたもので、アメリカと中国では8月22日より、他の国では29日からバッテリー交換修理ができるようになります。
この機種を対象にすでにユーザーがお金を払って修理している場合についてはAppleが払い戻しをするようです



(修理に出す前に)

データをicloudやitunesにバックアップする → 設定内の「iPhoneを探す」機能をオフに → 設定より端末のリセット

を行ってほしいとのこと(Apple


iPhoneユーザーが多い日本なので、もしかしたら当てはまる人がいるかもしれませんね...

上記のAppleのリンクよりシリアル番号を入力することで確かめることができます


PhoneArena




0 Response

コメントを投稿