auの端末にだけ表示される「1x」ってなに?


色んなとこでたまに「1xめっちゃ遅いやん」みたいな話をよく聞きます。自分はdocomoユーザーですのでその苦しみがあまりわかりませんが、そもそも1xって何よ?


まず前提の話としてdocomo・softbankとauでは通信方式が違います

  • docomo・softbank → W-CDMA方式
  •     au               → CDMA2000方式
説明すると長いので通信方式の説明は省きますが、要するにauだけ違うということです

auのCDMA2000もまた2種類ありCDMA2000 1x  EV-DO(高速通信に特化)とCDMA2000 1x MC(音声通信に特化、また低速テータ通信用)があります。ややこしいですね....

つまり、1xの名前はここから来ているということです。auのスマートフォンで「1x」と表示されている(ちょっと前のiphoneなら◯と表示される)ときは後者のMCの方に繋がっていることになり、これは電話はできるが通信はめちゃくちゃ遅くなります(7GB超過の速度規制よりも遅い)。通信方式の違いのせいでauのiPhoneは通話中にネット検索ができないという現象が表れます。

ガラケーが主流だった頃は全然問題のない速度なのですが、スマホが登場すると動画を見たりするのでそれ相応の高速インターネットが必要になり3G,4Gが生まれました。

1xが出る時とその対策

  • 地下や田舎など電波が届きにくいという状況 → 地上に出る or 諦めるかwifiで我慢
  • 電車など移動中(新しい電波を探すまでのラグ) → 一瞬機内モードにしてまた戻す


携帯に関するいろんなコトバ(余談)

  • 3G・・・3rd Generationの略。第3世代通信規格のこと。
  • LTE・・・Long Term Evolutionの略。正確的には3.9Gで4Gではない
  • キャリアアグリゲーション・・・auLTE + Wimax2プラス = 速い! みたいな話
  • wimax・・・UQコミニュケーションが提供している通信網
  • Android・・・Googleが開発したOSで機種名ではない。iOSみたいなもん。


以上です。1xのこと分かっていただけたでしょうか?技術が進歩するにつれてLTEやらWiFiやらいろんな言葉が出てきますが、普通の人はとてもついていけません。携帯キャリアはもっとこの辺のことを説明するべきだと思います(^_^;)




コメントを投稿